採用情報

Recruit

先輩スタッフの声

T.I(入社1年目、技術職)

会社の強みに直接かかわる仕事を担当、
ベテランの先輩からも丁寧に仕事を教えてもらっています。

ベテランの先輩も丁寧に仕事を教えてくれるこの会社が好き

学生時代からの友人に声をかけてもらう形で入社をして、今はまだ1年目です。主に担当している仕事は、現場での機器の撤去、据え付け、配管工事などです。貝川工業は管工事に強みを持っている会社なので、自分の仕事はその強みに直接かかわるものです。
貝川工業の好きなところは、メンバー同士の仲がよくてベテランの先輩であっても丁寧に仕事を教えてくれることです。そのおかげで、入社して間もない自分ですがいろいろな仕事ができるようになりました。皆さん本当にいい人ばかりなので、これから入社をお考えの方、入社する方は大いに安心してもらっていい部分だと思います。

自分が新人さん仕事を教えられるようになりたい

まだまだこの仕事をはじめたばかりの新人です。どんどん仕事を覚えて現場をまかせてもらえるようになることを目標にして、日々頑張っています。今の段階でも任された仕事を失敗することなくやり終えることができたときには達成感ややりがいを感じるので、仕事を身につけるというのはこういうことの繰り返しなんだろうなと思っています。
これからもっと長くこの仕事を続けていくと、今度は自分のような新人さんが入ってくることもあるでしょう。そのときに丁寧に仕事を教えられる先輩になっていたいなと思います。

Y.A(入社3年目、技術職)

「貝川工業の社長になる!」というのが、私の目標です。
その目標に向けて、素晴らしいメンバーと頑張っています

たくさんの種類の仕事をこなす、すごい会社

貝川工業で社長になることが昔からの夢なので、そのために必要な技術を磨いている真っ最中です。今は工事グループで現場の責任者を担当していて、現場の工事が安全・確実に進むように段取りをするのが自分の役目です。
なぜ貝川工業の社長になりたいのかというと、さまざまな種類の仕事をこなしてきた歴史がある、すごい会社だと思うからです。そのことでお客さまからも信頼を得ていますし、この強みをもっと大きくしていきたいと思っています。

先輩やメンバーに恵まれた、いい職場

現場の責任者として仕事のやりがいを感じるのは、まかされた現場を無事故・無災害で終えることができたこと、無事に納めることができたときです。自分の役目を果たせたという安心感と、達成感を感じることができますよ。
現場の責任者を担当しているとはいえ自分はまだまだ経験が少ないので、この道のベテランから仕事をたくさん教わって、それを自分のものにすることで何でもできる人になっていきたいですね。
おかげさまで先輩方にも恵まれていまして、皆さん元気で面白い人たちです。メンバーにも恵まれたいい職場だと思うので、これからもこの先輩やメンバーの皆さんといい職場、いい会社づくりを進めていきたいです。

S.K(入社10年目、技術職)

貝川工業は、不可能を可能にする会社です。
そのために自分も腕を磨いて不可能を可能にしていきます。

愛洲社長と仕事がしたいという思いで入社

建設案件の設計や構造提案、CADによる作図などを担当しています。私が作った図面がそのまま提案になり、実際の工場などになっていくので、とても責任ある仕事であるのと同時にクリエイティブな作業だと思います。
入社のきっかけは、現在の代表である愛洲社長のもとで仕事がしたいという思いからでした。人をとても大事にする社長なので、念願かなって今の立場になることができてよかったと思っています。私と同じように愛洲社長と仕事がしたいという人は社内だけでなく社外にもいるので、これは会社としての大きな強みではないでしょうか。

専門の職人、オールマイティ人材、どちらをめざす方も大歓迎

建設業とは、何もないところに新しいものを創造する仕事です。その中には難しいこと、不可能だと思えるようなことも多々あるのですが、貝川工業は不可能を可能にする会社だという印象を持っています。これまでにそうしてきたことで会社が成長してきたので、間違いありません。
その仕事の一翼を担う立場として、実務経験を積みながらこれからもできることを増やしていきたいと考えています。その延長線上で、仕事上必要になるような保有資格も増やしていきたいです。
お客さまからの感謝が直接伝わってくるのも、この仕事の魅力です。「ありがとう」という言葉をもらったときには、プロとしていい気分になれます。
貝川工業は専門の職人をめざす人、もしくはオールマイティな人材のどちらをめざす人にとっても成長できる環境や活躍できるポストがあります。どちらの道であっても自分を高めたいという方は大歓迎です!